1671-春の大阪湾で大チヌ乱舞 堤防際の攻防チヌへチ釣り of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1671-春の大阪湾で大チヌ乱舞 堤防際の攻防チヌへチ釣り





令和2年5月7日更新 

※緊急事態宣言発令前の収録です。


春を迎え水温も徐々に上昇し大阪湾各地の堤防ではチヌの釣果が望める。今回は大阪南港新波止へと釣行し今年がまかつから登場した「がまチヌへちさぐり銀参郎」で堤防際での大チヌとの攻防を楽しみました。

当日は澄み潮の影響でスリットの中は底までスケスケの状態。チヌの姿は確認できるものの警戒心が強く釣りの組み立てが難しい展開が予想されました。そんななか、底面に存在する溝を果敢に攻めていくと開始から次々とアタリが!水質がクリアなだけに影となる溝狙いがハマり数もサイズも大連発となる。

スリット狙いに最適なMHタイプをはじめ、Mタイプでの実釣も交えながら堤防でのへチ釣り攻略法を存分にお送りします

レポーター:島田 細香

ゲ ス ト :大田 徹

今回のタックル
【ロッド】
がまチヌ へちさくり 銀参郎
MH270(大田) MH300(島田)

【ライン】
道糸:フロロ 2号 ハリス:フロロ 2号

【フック】
チヌR 2号

釣り場:大阪南港新波止にて

お問い合わせ
夢フィッシング ℡.090-1079-6837

トップへ