1662-大分県米水津でグレ乱舞 厳寒期のグレを狙い撃て of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1662-大分県米水津でグレ乱舞 厳寒期のグレを狙い撃て





令和2年3月3日更新


東九州を代表する人気フィールド大分県米水津で展開した猪熊博之のグレ攻略。

この釣り場は季節風にも強く、沖磯をはじめ湾内磯など豊富なポイントが存在する。当日は米水津名物と言われるキタマクラもまだまだ高活性。まずは餌取り対策からスタートし爽快なアタリが続く。しかしこの時期特有の季節風が仕掛けと巻きえの同調を難しくする。

その対処法の一つとして猪熊さんが実践したのは仕掛けの置き方!打ち込む時のウキの着水点と刺し餌の着水点を工夫し仕掛けを同調!するとコンスタントにウキが舞い水面へと引き込まれていく。

厳寒期に大型が狙える湾内の磯で爽快な釣りが展開される!

レポーター:猪熊 博之

今回のタックル
【ロッド】
がま磯デニオス 125-53

【ライン】
道糸1.5号 ハリス1.5号

【フック】
掛りすぎ口太 3号
T1ファイングレ 5号

釣り場:大分県佐伯市米水津にて

お問い合わせ
功明丸 ℡.0972-35-6773

トップへ