1655-遠投釣法で銀鱗が舞う 瀬戸内海で満喫 チヌ渚釣り of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1655-遠投釣法で銀鱗が舞う 瀬戸内海で満喫 チヌ渚釣り





令和2年1月14日更新


フカセ釣りでチヌを狙うにおいて瀬戸内など比較的遠浅のポイントが多いエリアでは遠投で攻めることが釣果を得る為の重要な要素となります。今回は未到達のエリアを攻め抜くための遠投特化モデル「がま磯ブラックトリガー」の最終テスト釣行にカメラが同行し、その特徴や使用感をじっくりとお伝えします。

従来よりも穂先を太くしパワーを持たせることで楽に遠投が可能で飛距離だけでなくコントロール性能も飛躍的に向上。当日は島田キャスターも軽くキャストを行うだけで想像以上の飛距離が得られ遠投でグッドサイズを仕留めました。 今回はロッドの特徴はもちろん瀬戸内海での渚釣り攻略法を詳しく解説します

レポーター:島田 細香

ゲ ス ト :中西 毅

今回のタックル
【ロッド】
がま磯ブラックトリガー 1-53 0.6-53

【ライン】
道糸:1.5号 ハリス:1.5号

【フック】
チヌR 3号 4号

釣り場:広島県大竹市阿多田島にて

お問い合わせ
奥新渡船 ℡.0829-55-2292


トップへ