1654-2020年鮎釣り特集 高知県仁淀川 後期の鮎攻略 of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1654-2020年鮎釣り特集 高知県仁淀川 後期の鮎攻略





令和2年1月8日更新


今回は2020年鮎釣り特集と題しまして昨年9月に高知県仁淀川で行われた「がま鮎ダンシングマスター」最終プロトモデルを使用したテスト釣行にカメラが同行しました。

がま鮎史上最軽量ロッドとなる「がま鮎ダンシングマスター」。ラインナップは8.5mと9mそれぞれにMとMHの設定で「M-8.5m」は169gという驚異的な軽さを実現。軽さと感度を極めた細身肉厚の胴調子モデルです。

当日は黒瀬のポイントではMとMHそれぞれを選択しながら瀬肩や押しの強い瀬まで様々なシチュエーションでの実釣を展開。後半は越知へと移動し釣り荒れが激しいエリアを8.5mの操作性を活かしながら丁寧に攻略して連発となりました。 今回のロッドは2020年フィッシングショーで展示されます!ぜひ体感ください!

レポーター:北村 憲一

ゲ ス ト :西森 康博

今回のタックル
【ロッド】
がま鮎 ダンシングマスター M8.5 MH9.0

【フック】
T1 Mシステム鮎 3本錨用 6号

釣り場:高知県仁淀川にて


トップへ