1641-芸予諸島で数釣り満喫 手軽な堤防チヌフカセ釣り of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1641-芸予諸島で数釣り満喫 手軽な堤防チヌフカセ釣り





令和元年10月8日更新


潮流豊かな瀬戸内海愛媛県と広島県の間に浮かぶ芸予諸島を舞台に堤防からチヌを狙う。

当日狙い目となったのはエサが溜まりやすい地形の変化をうまく攻める事。数投ごとに変化する潮流にあわせて仕掛けの投入点に注意して狙い撃つ。地形的には堤防際から落ち込む敷石回りや、岸からのブレイクラインなどがメインポイント。ブレイク沿いに流れる潮をうまく捉えられれば連発状態に持ち込める。

当日は種類の異なる刺し餌のローテーションはもちろん、エサのカラーも意識しながらコンスタントに釣果を伸ばしていく

レポーター:島田 細香

ゲ ス ト :波多 瑞紀
今回のタックル
【ロッド】
がま磯アルデナ 0-53 06-53

【ライン】
道糸1.75号 ハリス1.5号

【ハリ】
チヌR2号

釣り場:
広島県尾道から出船にて

お問い合わせ
こだま渡船 ℡090-3173-7706

トップへ