1609-2019年鮎釣り特集 タフコンの長良川を攻め抜け of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1609-2019年鮎釣り特集 タフコンの長良川を攻め抜け





平成31年2月26日更新


今年がま鮎から登場するニューロッドがま鮎スピカ。がま鮎伝統の力強い調子を受け継ぎ、実釣性能においては十分な基本性能を搭載したがま鮎スタンダードモデルを詳しくご紹介。

撮影は昨年9月下旬。大水が続き残り垢狙いでのチャレンジとなりましたが、瀬では引抜急瀬の特徴を活かしての攻略。引抜早瀬は幅広い攻め方でタフコンディションのなか野鮎を追わせていきます。

誰もが扱いやすいがま鮎スタンダードモデル「がま鮎スピカ」。今回は引抜早瀬9mと引抜急瀬9mに設定されたサクラエディションを使用しての実釣です。

レポーター:島田 細香

ゲ ス ト :渡邉敦 長谷川勇太

今回のタックル
【ロッド】
がま鮎スピカ 引抜早瀬9m(サクラエディション)
がま鮎スピカ 引抜急瀬9m(サクラエディション)

【ライン】
複合メタルメタブリッド高比重 0.08号
複合メタルメタブリッド高比重 0.06号

【ハリ】
T1要 8号 3本錨
T1セツナ 7.5号 4本錨

釣り場:岐阜県長良川にて

トップへ