1443-両グルテンの宙で狙う!初冬の管理池へらぶな釣り of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1443-両グルテンの宙で狙う!初冬の管理池へらぶな釣り



平成27年12月22日更新


気温、水温の低下で徐々に魚の活性が落ちる初冬。秋の延長線でもあり、冬の入り口でもあるこの時期は、その日の状況によって釣り方にも工夫が必要となります。

今回は、新べらが放流されるこの時期に特に威力を発揮する両グルテンの宙釣りを選択し、長竿を使用して数、型を狙っていく。今回はその釣り方を熊谷充さんが解説!

活性に合わせたハリス使い、浮きの考え方、初冬から冬場の釣り方などを解説します。

レポーター:熊谷 充

今回のタックル
【ロッド】
がまへら幻煌天 19尺

【ライン】
道糸1号 ハリス0.5号

【フック】
T1だんごマスター 8号(上下)

釣り場:
和歌山県紀の川市

お問い合わせ
釣堀センター菊水 ℡.090-5249-7812

トップへ