1292-2013年鮎特集第一弾!高知県四万十川・大アユ釣り of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1292-2013年鮎特集第一弾!高知県四万十川・大アユ釣り



平成25年1月28日更新


今回お送りするは、2013年鮎特集第一弾!高知県四万十川の大鮎釣りです。源流から河口までおよそ196キロ、高低差1340メートル、一人一瀬と言われほとんどが天然鮎です。今回は、地元在住の名手北村憲一さんが、2013年のニューロッド がま鮎ダンシングスペシャルを使用して26cmから29cmの大鮎を入れ掛かりします。釣り場は、四万十町三島区の沈下橋上下下流。毎年尺アユのでる好ポイントです。大鮎を釣る北村さんの実釣と解説に合わせ、ニューロッドも詳しく紹介します。



レポーター:北村 憲一

今回のタックル

ロッド:がまかつ
がま鮎ダンシングスペシャル プロトタイプ
                    H 8.5
ライン
がまかつ 極メタ 0.2号

フロロカーボン 0.6号

ハリ:がまかつ
G-HARD てっぺん8.5号 9号 3本錨



トップへ