1167-盛期のへらぶな釣り・カラツンを解明する! of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1167-盛期のへらぶな釣り・カラツンを解明する!



平成22年08月30日更新


今回はヘラブナ釣りの永遠のテーマと言われる「カラツン」を水中映像を交えながら徹底解明していきます。今回は活性が高いときの考え方。魚が寄りすぎて「浮きが立たない間に消し込む」、「浮きがなじまないほど魚が寄る」。等、釣りを組み立てていくための考え方や、カラツンが出たときはどのように考えればいいのか?このテーマを熊谷充さんに解説していただきました。そして今回はこの秋登場の「がまへら紬」もご紹介!


レポーター:三木 修
ゲ ス ト :熊谷 充 

今回のタックル

ロッド:がまかつ
がまへら 紬(つむぎ) 12尺

フック:がまかつ
A-1 カイト 6号 

釣り場:兵庫県・長谷大池釣り池センターにて
℡ 0795-70-7400



トップへ